ビタミンC誘導体の種類は水溶性と油溶性と両親媒性で効果や働きは違うの?

ビタミンC誘導体の種類ビタミンC誘導体には、水溶性、油溶性(脂溶性)、両方(両親媒性)の3種類です。

それぞれ性質が異なるため、効果や働きも違ってきます。ここでは、1つずつ詳しく説明していきたいと思います。市販の美白化粧品に使われる安価なビタミンC誘導体から、価格が高めのビタミンC誘導体まで種類はたくさんあります。化粧品に書かれている成分表示もいろいろとあるので、間違えないようにいいものを見極めてくださいね。

1つずつビタミンCの種類を説明しているので、とても内容が長い記事になっています。すぐに一番効果的なビタミンC誘導体を知りたい人はこちらからチェック↓↓

どのビタミンC誘導体がいいかを先に知りたい人はこちらから<<<

水溶性ビタミンC誘導体の種類

水溶性ビタミンC誘導体水溶性は、即効性があるけれど、持続性はあまりありません。
化粧水に使われることが多い

  1. アスコルビン酸
  2. L-アスコルビン酸-2グルコシド(AA2G)
  3. リン酸L-アスコルビルマグネシウム(APM)
  4. リン酸L-アスコルビルナトリウム(APS)
  5. 3-O-エチルアスコルビン酸(VCエチル)
  6. 3-O-グリセリルアスコルビン酸(VC3G)
  7. 2-O-グリセリルアスコルビン酸(VC2G)
  8. ビスグリセリルアスコルビン酸(VCDG)
  9. ヘキシル3-グリセリルアスコルビン酸(HGA)

1.   アスコルビン酸

ビタミンC
L-アスコルビン酸
ピュアビタミンC

・アスコルビン酸と成分表示に記載されているときは、酸化防腐剤として使用されていることがある。
不安定で酸化しやすいため、肌トラブルの原因になるので、このままの状態では基本的には使用しない。
・ピュアビタミンCを独自の方法で化粧品にしているメーカーもあります。

●ロート製薬独自で開発した活性型ビタミンCを配合しているメラノCC美容液

メラノCCを手の甲にのせる
メンソレータムのメラノCC 薬用シミ集中対策美容液は、シミに効果がないのでしょうか?ニキビや毛穴には即効性があったけどシミは効果なしや、肌が...

2.   L-アスコルビン酸-2グルコシド(AA2G)

【医薬部外品】

ビタミンC含有率:52%

L-アスコルビン酸-2グルコシド【医薬部外品表示名】
アスコルビルグルコシド【化粧品成分表示名】
アスコルビン酸グルコシド
ビタミンC・2-グルコシド
AA-2G
AG
持続型ビタミンC誘導体
安定型ビタミンC誘導体

・アスコルビン酸にグルコース(糖)を結合させたもの。
・人間の皮膚内には、グルコースを分解する酵素がほとんどないため、グルコースがを分解することができません。ビタミンCに戻らないと、効果も発揮されないため、この成分が配合されている化粧品は、美白の効果を実感できることが少ないです。

※1000円台くらいの市販のプチプラ美白化粧品はこれを使っていることが多いです。

安い美白化粧水の成分
安い美白化粧品でも医薬部外品・薬用と書かれているので、それなりに美白効果はあると考えると思います。しかし、ビタミンC誘導体には種類があり、皮...

3.   リン酸L-アスコルビルマグネシウム(APM)

【医薬部外品】

ビタミンC含有率:61%

リン酸L-アスコルビルマグネシウム【医薬部外品表示名】
リン酸アスコルビルMg【化粧品成分表示名称】
アスコルビルリン酸Mg
リン酸-L-アスコルビン酸Mg
VC-PMG
APM
リン酸エステルのマグネシウム塩

・皮膚に存在するフォスファターゼという酵素で分解する。
・沈殿しやすいため高濃度配合は難しい。
・アルカリ性なので肌が突っ張るなどの刺激を感じる人もいる

参考サイト:かずのすけさん

4.   リン酸L-アスコルビルナトリウム(APS)

【医薬部外品】

ビタミンC含有率:50%

リン酸L-アスコルビルナトリウム【医薬部外品表示名称】
アスコルビルリン酸Na【化粧品成分表示名称】
リン酸アスコビルナトリウム
アスコルビルリン酸Na
リン酸-L-アスコルビン酸Na
アスコルビルリン酸Na
VC-PNA
APS

・皮膚にあるフォスファターゼという酵素で分解される
・リン酸アスコルビルMgと似ているが、効果は弱めというところもあります。ただ、高濃度配合できるのでさほど違いはないでしょう。
・アルカリ性なので肌が突っ張るなどの刺激を感じる人もいる

5.   3-O-エチルアスコルビン酸(VCエチル)

【医薬部外品】

ビタミンC含有率:86%

3-O-エチルアスコルビン酸【医薬部外品表示名称】【化粧品成分表示名称】
アスコルビル酸エチル
VCエチル
ビタミンCエチル

・ビタミンC誘導体は、皮膚内の酵素を使って分解していきますが、VCエチルは、酵素を必要しません。そのため、皮膚につけるとすぐにビタミンCの効果を発揮してくれます。
・即効性と持続性のある成分
・1%濃度で効果が認められている
・還元作用が強いため刺激や肌の乾燥を感じる人がいる
・資生堂の独占権がなくなったので、多くのメーカーで使われている

VCエチル配合のFTC化粧水のレビュー記事はこちら<<<

6.   3-O-グリセリルアスコルビン酸(VC3G)

【医薬部外品】

ビタミンC含有率:66%

3-O-グリセリルアスコルビン酸
VC-3G
VCグリセリル
アミトース3GA

・グリセリンと結合しているので保湿も同時にできる成分
・刺激や乾燥が少ない
・イオン導入できる

7.   2-O-グリセリルアスコルビン酸(VC2G)

【医薬部外品】

ビタミンC含有率:66%

2-O-グリセリルアスコルビン酸
VC-2G

・グリセリンと結合しているので保湿も同時にできる成分
・イオン導入できる

8.   ビスグリセリルアスコルビン酸(VCDG)

【医薬部外品】

ビタミンC含有率:49%

ビスグリセリルアスコルビン酸
VC-DG

・イオン化しないのでイオン導入はできない
・即効性はないが持続性は高い
・グリセリンと結合しているので保湿も同時にできる成分

9.   ヘキシル3-グリセリルアスコルビン酸(HGA)

【医薬部外品】

ビタミンC含有率:

ヘキシル3-グリセリルアスコルビン酸
HGA

・メラニンが表皮に届くのを抑える働き
・グリセリンと結合しているので保湿も同時にできる成分


水溶性ビタミンC誘導体では、酵素を必要としないVCエチルが効果がわかりやすいのではないかと思います。

油溶性(脂溶性)ビタミンC誘導体

脂溶性ビタミンC誘導体油溶性は即効性はないけれど持続性はあります。
美容液やクリームに配合されることが多いです。
べたつきがある

刺激性が少ないので敏感肌や肌トラブルが出やすい人におすすめ
皮脂腺や角質層を通過しやすく、真皮まで到達し、コラーゲンの生成や新陳代謝を促進する

  1. テトラ2-へキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)
  2. ジパルミチン酸アスコルビル
  3. パルミチン酸アスコルビル

1.   テトラ2-へキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)

【医薬部外品】

ビタミンC含有率:16%

テトラ2-へキシルデカン酸アスコルビル【医薬部外品表示名称】
テトラヘキシルデカン酸アスコルビル【化粧品成分表示名称】
テトライソパルミチン酸アスコビル
ビタミンCテトライソパルミテート
VC-IP
アスコルビン酸イソパルミテート
イソパルミチン酸アスコルビル

液体状の油溶性ビタミンC
イソパルミチル酸とアスコルビン酸のテトラエステルと結合し、皮膚内のエストラーゼという酵素で分解される

2.   ジパルミチン酸アスコルビル

【医薬部外品】

ジパルミチン酸アスコルビル【医薬部外品表示名称】【化粧品成分表示名称】

 

3.   パルミチン酸アスコルビル

【医薬部外品】

パルミチン酸アスコルビル 【医薬部外品表示名称】【化粧品成分表示名称】

パルミチン酸と結合している
酸化しやすいためあまり使用されない

両親媒性ビタミンC誘導体(水溶性と油溶性の両方の働き)

両親媒性ビタミンC誘導体水溶性の特徴である即効性と、油溶性の特徴である持続性を兼ね備えている。
真皮まで到達しやすい
酸化しやすく安定性が低いので、製造コストがかかり販売価格が高め
厚生労働省から認可はされていない

  1. パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)
  2. イソステアリルアスコルビルリン酸2Na(APIS)
  3. カプリリル2-グリセリルアスコルビン酸(GOVC)

1.   パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)

ビタミンC含有率:31%

パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na【化粧品成分表示名称】
APPS
アプレシエ
L-アスコルビン酸 2-リン酸 6-パルミチン酸 3ナトリウム
浸透型ビタミンC誘導体
進化型ビタミンC誘導体

・昭和電工が2000年に開発
・安定性が悪いので高濃度配合できないため、推奨濃度は1~2%程度
・リン酸型ビタミンC誘導体にパルミチン酸を結合させ、皮膚内にあるフォスフォターゼとエステラーゼの2つの酵素で分解する
・パルミチン酸は体内にも存在するのでAPISよりは安全である

※安定性が悪いので粉状のものを、使う直前に混ぜるのが一番効果的

「100倍浸透するビタミンC誘導体」といわれている。


L-アスコルビン酸2-グルコシドが皮膚に浸透しないため、APPSのほうが真皮層にまで浸透するので、100倍の浸透力があるといわれるのです。言い方にウソはないですけど、説明不足ですよね

市販の安い美白化粧品にはL-アスコルビン酸2-グルコシドが配合されることが多く、厚生労働省で医薬部外品として認められているため、効果があるように感じてしまいます。
L-アスコルビン酸2-グルコシドは、皮膚に存在する酵素で分解することができないため、ビタミンCとしての役目を果たすことがほとんどないといわれています。
そのため、L-アスコルビン酸2-グルコシドとAPPSを比較すると、100倍浸透するという意味です。
比較対象があまりに違うので、違うビタミンC誘導体の種類でも比較してもらうとわかりやすいかなと思いました
APPSを使用直前に自分で混ぜる化粧水の詳細はこちらの記事をチェック<<<

2.   イソステアリルアスコルビルリン酸2Na(APIS)

 

イソステアリルアスコルビルリン酸2Na 【化粧品成分表示名称】
アスコルビン酸-2リン酸-6パルミチン酸
FuncosC-IS
APIS
VCP-IS-2Na

・イソステアリルリン酸エステルと結合し、フォスファターゼという酵素で分解する
・東洋ビューティーが開発し、FuncosC-ISで商標登録している
・イソステアリルが体内に存在しないため分解後の影響はわからないのでAPPSのほうが安全とも言われている

東洋ビューティー株式会社について

3.   カプリリル2-グリセリルアスコルビン酸(GOVC)

ビタミンC含有量:44%

カプリリル2-グリセリルアスコルビン酸
GO-VC
グリセリルオクチルアスコルビン酸

・アスコルビン酸にグリセリンとオクタールが結合したもの
・APISと同じようにオクタノールの影響がわかっていない


APPSは効果が出るとして人気ですが、2種類の酵素で分解します。FuncosC-ISは、1種類の酵素で分解できるので、こちらの方がより即効性もあり効果がでやすいですがあまり出回っていません。
とはいえ、APPSもFuncosC-ISもどちらもいい成分です

参考サイト:肌のクリニック

どのビタミンC誘導体が美白に効果的なの?

ビタミンC誘導体の種類を1つずつ説明してきました。
たくさんあってどれがいいのかわからない!という意見もあると思います

そのため、私がたくさん調べた中で、美白におすすめのビタミンC誘導体をご紹介します。
選ぶときの参考にしてくださいね

VCエチル(水溶性)
⇒ 価格も使いやすさも一番。即効性と持続性があるので水溶性の中では効果がわかりやすい。

APPS もしくはAPIS(両親媒性) 
⇒ 価格が高めで使う直前に自分で粉を混ぜるため使いにくいが、美白を実感するなら一番おすすめ! 

アスコルビルリン酸Mgかアスコルビルリン酸Na(水溶性) 
⇒ VCエチルよりは効果は下がるが、価格の安い美白化粧品にも配合されているので成分をチェックしてみてね

FTC 王道十和子肌
ブライトニングミスト状化粧水
ミスト状化粧水には、VCエチルやフラーレンを規定量配合しています。美白とエイジングケアが同時にできる化粧品です。
お試しセット内容 化粧水、美容液、クリーム
価格 1850円(送料無料)
詳細 トライアルセットの詳細はこちら<<<
トライアル4点セット
美のカリスマと呼ばれている君島十和子さんは50代でもシミやしわは目立ちません。VCエチルとフラーレンを配合した化粧水スプレーがとても人気です...
ナリス コスメティック  
サイクルプラス エンリッチローション
エンリッチローションは、APPSを配合しています。粉状になっているので使う直前に混ぜて使用することで、安定性のある化粧品です。美白有効成分のα-アルブチンも配合されているのでおすすめです。
トライアルセットはラインで試せるので肌に合うかをみることができますよ
お試しセット内容 化粧水、メイク落とし、洗顔料、乳液、クリーム
価格 1600円(送料無料)
詳細 トライアルセットの詳細はこちら<<<
サイクルプラスエンリッチローション
ナリスのサイクルプラスエンリッチローションは、APPSなどのビタミンC誘導体をたっぷりと配合しているので、しみケアにおすすめです。トライアル...

市販の美白化粧品とは?

市販のプチプラ美白化粧水にVCエチルやAPPS、アスコルビルリン酸Mgを配合しているものもあります。
数は少ないですがこちらをチェックしてくださいね

市販のビタミンC化粧水
ドラッグストアで販売されている1000円台のプチプラ美白化粧水にビタミンC誘導体が配合されていることが多いです。でも、そのビタミンC誘導体に...

 

関連記事

レチノールの効果

レチノール効果でシミしわ対策ができる市販のプチプラ化粧品10選

トライアル4点セット

辛口レビュー!君島十和子プロデュース!王道十和子肌を使ってみた

夏の終わり 美白

夏の終わりから美白と抗炎症作用のある化粧品で紫外線のアフターケアを

厚生労働省に認可は全成分表示義務なし

ビタミンC誘導体が厚生労働省から認可で全成分表示義務なしに

資生堂スポッツカバー

資生堂スポッツカバーのしみや毛穴への使い方と傷ややけどにも

安い美白化粧水の成分

安い美白化粧品のビタミンC誘導体の本性とは?種類を見分けるべき