水溶性の日焼け止め成分酸化セリウムの特徴はブルーライトと無添加

酸化セリウムはブルーライトカットもできるここでは、酸化セリウムについて説明していきます。
水溶性でサラサラ・透明色の酸化セリウム(アクアセリア)は、酸化チタンや酸化亜鉛よりも肌に優しい成分です。無添加で赤ちゃんにも使え、透明なので白浮きせず、今話題のブルーライトをカットしてくれます。
刺激が少ない日焼け止めクリームなどに使われている酸化チタンなどは、キシキシとした肌触りだったり白浮きしたりするのが気になっていると思います。酸化セリウムはそのような悩みが解決できる成分です。

日焼け対策をするのも肌に負担がかかっているのは知っていると思います。日焼け止めを顔につけると、皮膜感があったり肌荒れしたりする人も多いですね。
それでも、紫外線対策をしておかないと、将来しみが増えたり、シワやたるみの原因にもなるのでケアすることは必要です。

肌に負担が少なく使い心地のいい日焼け止めがあればどうですか? 
酸化セリウム(アクアセリア)は、「第3の紫外線反射剤」とも言われているので、これから商品が増えてくると思いますよ。

酸化セリウム配合の日焼け止めは敏感肌も使える
ここでは、酸化セリウム(アクアセリア)を配合している日焼け止めアイテムに限定してご紹介します。敏感肌でも使うことができ、日焼け止め商品に配合され...

 

酸化セリウムは使えないがアクアセリアは使える

酸化セリウム参考サイト:株式会社applause(アプローズ)

酸化セリウム(CeO2)はレアアースです。酸化セリウムはセリア(Ceria)とも呼ばれます。

酸化セリウム(セリア)は、油溶性で酸化触媒として働きます。
どういうことかというと、ほかの物質を酸化しやすくしてしまうのです。これが化粧品に配合されている化粧品に配合されている成分が酸化して不安定となり肌に刺激などが起こります。そのため、酸化セリウムのままだと、UV効果があるとわかっていても化粧品には配合することができませんでした。

しかし、白金(プラチナ)で表面をコーティングすることで、酸化触媒を抑えることができ、さらに水溶性にすることができたのです。白金でコーティングしたものを「アクアセリア」とよび、これで、日焼け止めとして配合することができるようになりました。

白金(プラチナ)は、金属アレルギーが出にくいといわれています

酸化セリウム(アクアセリア)の特徴

酸化チタンや酸化亜鉛が、無添加の日焼け止めには配合されていることが多いです。これらは紫外線散乱剤といい、紫外線吸収剤よりは肌への負担が少なく敏感肌や赤ちゃんでも使うことができる日焼け止めアイテムに配合されています。

酸化チタンは、UVA対策できなかったり、白浮きしやすかったりします。酸化亜鉛は、金属アレルギーの人には合わないこともあります
酸化チタンや酸化亜鉛は肌には優しい反面、遮断できない紫外線もあり、また、テクスチャーがキシキシしたりするデメリットがあります。

やはり、日常使いは肌に優しいものを使っている人もいると思いますが、紫外線散乱剤である酸化チタンや酸化亜鉛は、油溶性です。そのため、肌に塗ったときの感じが心地よくなくイヤだという人もいます

第3の紫外線散乱剤とも言われている酸化セリウムは、UVA・UVBはもちろんUVCも対策できますし、ブルーライトや近赤外線の一部までカットしてくれます。 酸化セリウムを主成分として配合している商品は、老化肌の原因になるほとんどの紫外線の対策ができるということになります。

酸化セリウム(アクアセリア)のテクスチャーとしては、水溶性なのでサラサラとしており、透明色なので白浮きもありません。
つまり、紫外線散乱剤の白浮きやベタつく悩みは解消できるのです。
ジェルやミストタイプでの販売が多いです。
スプレータイプだと髪の毛・頭皮にもつかうことができます

参考サイト:株式会社applause(アプローズ)

酸化セリウムにブルーライトカット効果がある

ブルーライトブルーライトをカットできる化粧品や日焼け止めが多く販売されています。
ブルーライトは、UVAやUVBよりも肌内部の奥深く(真皮層)に浸透してしまいます。ブルーライトの怖さがメディアや雑誌でも言われるようになり、ブルーライトをカットする商品が続々と増えています。

日焼け止めに関していうと、ルテイン(キサントフィル)やビルベリー葉エキスなどを配合して、ブルーライトカット成分としています。

酸化セリウムは、酸化セリウム自体がブルーライトをカットすることができます。

酸化チタンや酸化亜鉛が不使用の日焼け止めは、酸化セリウムを主成分としているので、配合量は多めとなっています。つまり、日焼け止めとブルーライトカットの両方の働きがしっかりとできるということになります。

酸化セリウム配合は敏感肌にもおすすめの無添加日焼け止め

レイドラテ・ラ・ポー ジェントルUVジェル無添加・ノンケミカルの日焼け止めといえば、紫外線吸収剤が使用されていない日焼け止めですよね。 紫外線散乱剤である酸化チタンや酸化亜鉛も無添加処方となるのですが、刺激を感じる人もいます。また、使用感があまり良くないので仕方なく使っている人もいるでしょう。

酸化セリウム(アクアセリア)は、水溶性でサラサラしていて透明なので使用感はとてもいいです。
ただ、デメリットというわけではないですが、透明なので塗り忘れの箇所がわかりにくいということはあるかもしれません。
0歳の赤ちゃんから使える商品も多いのでママにとっては親子で使えるので安心ですね

石油系の界面活性剤やシリコンなどが不使用のものも多く使いやすい日焼け止めです。

ただ、まだそこまで多く出回っていません。日焼け止めとしては、とてもいい商品なのでこれから沢山商品がでてくると思います。

酸化セリウムを主成分としている日焼け止め商品はこちらの記事でチェック<<<<

関連記事

ブルーライトが肌に危険

ブルーライトの肌への影響と日焼け止め化粧品12アイテムを紹介

polahiyakedometenionseru

ホワイティシモ 日焼け止めUVブロックミルキーフルイドの口コミ

ホワイトヴェール本品

体験口コミ!知っておこうホワイトヴェールの正しい使い方と注意点

hacci百貨店

HACCIのUVミストの口コミは?ブルーライトカットで無添加使用

近赤外線日焼け止めランキング

近赤外線カット日焼け止めランキングはポーラB.Aやマキアレイベル

ブルークレール日焼け止め

ブルークレール日焼け止め特徴は近赤外線とロングUVAとブルーライトカット