洗顔で角栓が取れないのは当たり前!たんぱく質の角質は酵素分解が必要

洗顔だけでは角栓が取れない

洗顔を毎日きちんとしているのに角栓が取れない!黒ずみが残ったまま!どうしてなの?と悩んでいるかもしれません。角栓は、皮脂と古い角質が混ざったものです。

洗顔は、顔の汚れや皮脂だけを除去します。つまり、古い角質(タンパク質)は除去できません。そのため、洗顔だけでは角栓がキレイにならないのです

そこで、たんぱく質を除去できるのが酵素洗顔パウダーです。ただ、酵素洗顔パウダーでも、たんぱく質除去ができない酵素もあるので、間違わないようにしてくださいね。

酵素洗顔パウダーの種類
酵素洗顔パウダーといっても、なんでもいいわけではなく、酵素によって働きが違うため、ケアの目的も違ってきます。ここでは、酵素の種類とそれを配合...

角栓って何が混ざっているの?何でできているの?

鼻の黒ずみやいちご鼻が気になっている人は多いです。
どうしてこのようなことが起こるのかというと、角栓が詰まってそのようにみえているのです。

では角栓って何なのでしょうか?

角栓は、古い角質(ケラチンというたんぱく質)70%と皮脂30%で作られています。

皮脂は、通常の洗顔でも取り去ることができますが、たんぱく質は取り去ることはできません。そのため、いくら洗顔しても、鼻の毛穴はすっきりとしないのです。

角栓には酵素洗顔を毎日する必要がある!?

角栓が取れない角栓はたんぱく質と皮脂でできているので、取り去るには酵素洗顔がおすすめです。通常の洗顔だけだった人は、酵素洗顔をつかうと違いがわかると思います。

ただ、角栓がキレイになるからと毎日、酵素洗顔で顔を洗うと、肌に刺激となることがあります。
毎日、使用しても問題ないと書かれているメーカーもありますが、最初は、週に1回程度から始めてみるほうがいいです。

顔全体を酵素洗顔しなくても、気になる鼻だけに使うのもいいです。ごしごしとこすってしまうと、皮がめくれたり、赤く痛みが出たりするので、優しくなじませるのがおすすめです。

ピーリングジェルは角質がポロポロ取れているのではない
ピーリングジェルを使うとポロポロが出てくるので、「古い角質が取れた!」と思ってうれしくなると思います。「こんなに顔が汚れていたの!?」と。 ...

酵素洗顔の「酵素」の種類

酵素といえば、食品に含まれていたり、体内の消化を助ける消化酵素だったり、あらゆるところに存在します。

 酵素洗顔の「酵素」は
たんぱく質分解酵素のプロテアーゼとブロメライン
皮脂分解酵素は、リパーゼ
たんぱく質と皮脂の両方を分解してくれるのが、パパイン酵素です。
できれば、天然と書かれているパパイン酵素をおすすめします。

鼻の角栓が目立っているなら酵素洗顔を

角栓ケアをするのに、酵素洗顔をおすすめしました。市販や通販などあらゆる種類の酵素洗顔パウダーが出ています。

ここでは2つの酵素洗顔パウダーをご紹介したいと思います

3種類の酵素を配合「プモア」

プモアシルキーウォッシュプモアシルキーウォッシュは、「パパイン」「プロテアーゼ」「リパーゼ」の3種類の酵素を配合しています。
セラミドなどの保湿成分も配合されています

プモアトラアイルセットトライアルセットが1000円から設定されているので試してみるのをお勧めします。

プモアお試しの詳細をみてみる<<<

天然パパイン酵素配合「ナールスフォーム」

ナールスフォームナールスフォームは、天然パパイン酵素を配合しています。
そして、配合成分が5種類のみ。
「カリ含有石けん素地、タルク、シリカ、加水分解コラーゲン、パパイン 」

とてもシンプルな酵素洗顔パウダーです。この後は、しっかりと保湿ケアをすることで、ツルツル肌を保つことができます

ピーリングと酵素洗顔パウダーの違い
毛穴の黒ずみや角栓、古い角質を取る方法としてピーリングと酵素洗顔パウダーがあります。でも、どう違うのでしょうか?どのような場合に使い分ければ...

関連記事

酵素洗顔パウダーの種類

酵素洗顔パウダーの選び方!種類はパパイン・プロテアーゼ・リパーゼなど

ピーリングジェルは角質がポロポロ取れているのではない

ピーリングジェルで角質がポロポロとれるのは間違いで配合成分を見極めよ

ピーリングの選び方

おすすめピーリングの選び方は成分表示!種類があり効果も強さも違う

ピーリングと酵素洗顔パウダーの違い

ピーリングと酵素洗顔パウダーの違いは何?どう使い分けたらいいの?