DHCのVCクレンジングオイルは毛穴ケアのためのビタミンC誘導体を配合

 

DHCVCクレンジングオイルDHCのVCクレンジングオイルには、4種類のビタミンC誘導体が配合されています。VC誘導体は美白目的で配合されているのではなく、毛穴の目立ちや顔のざらつきは、ある酵素の活性が低いことがわかりました。その酵素の活性を高めてくれるのが、ビタミンC誘導体などです。そのため、DHCVCクレンジングオイルにはビタミンC誘導体をたくさん配合しているのです

クレンジングに美白有効成分であるビタミンC誘導体は必要ないのではないか?と思ったのですが、美白作用ではなく酵素の活性の手助けをする働きがあるのがわかりました。
今回は、DHC様から商品を提供していただきましたので、商品レビューをかねて私の感想も書いていきたいと思います。

DHCのVCクレンジングオイルの商品レビュー

DHCVCクレンジングオイルレビュー

ビタミンCカラーのようにオレンジ色のボトルが使われています。

DHCのVCシリーズの詳細はこちら<<<

 

DHCVCクレンジングオイルを肌につける

手の甲にDHCのクレンジングオイルを出してみました。
オイルですが、ベタベタはしていません。サラサラしているので、流れてしまいます。


手の甲につけたときは感じなかったのですが、顔につけると温かく感じます。ホットクレンジングのような感じです

 

DHCVCクレンジングオイルを肌にのばす

VCクレンジングオイルを肌になじませてみました。オイルなのでテカテカしていますが、ベタベタ感はなく、気持ち悪くないです。

匂いは、ほんのり柑橘系の香りがします。ほとんど気になりませんでした。

メイクをどれだけ落とせるか検証

DHCクレンジングオイルとメイク

左からBBクリーム、ウォータープルーフマスカラ、アイライナーペンシル、アイブロウペンシル、グロス、下にアイシャドウをつけました。

メイクの上にクレンジングオイルを乗せています

 

DHCVCクレンジングオイルでメイクを落とす

くるくるとクレンジングオイルをなじませていきました。
BBクリームとアイブロウペンシルはすぐにおちてきました。

ウォータープルーフマスカラはまったく落ちる気配がありません。

 

DHCVCクレンジングオイルを洗い流す

ある程度なじませて、洗い流してみました。
写真のピントが合っていない(-_-;)のでわかりにくいかもしれませんが、マスカラ以外は落とすことができました。

 

DHCVCクレンジングオイルでうぉたープルーフマスカラが残る

ウォータープルーフマスカラだけ残っていたので、さらにクレンジングオイルを足してみました。なじませると、ほとんど落とすことができましたが、ほんの少しだけ残りました。


ウォータープルーフマスカラを使うときは、先に、目元だけ、クレンジングオイルをなじませるといいと思いまう。ある程度アイメイクを落としてから、顔全体にクレンジングオイルをなじませた方がキレイに落ちると感じました

DHCのVCクレンジングオイルを使った感想

DHCVCクレンジングオイルレビューDHCのVCクレンジングオイルを初めて顔につけると、びっくりするくらい温かかったです。
ホットクレンジングは使ったことがないので、こんなに温かいのか~と驚きでした。
肌になじませていると、暖かさもおさまってきて慣れてきました。

ウォータープルーフマスカラは普段使っていないのですが、アイメイクは上記の画像で載せたようなアイテムを使っています。このクレンジングオイルでなじませると、すっきりと落とすことができました。

ただ、アイメイクをキレイに落とそうと、目周りをくるくるとなじませていました。少し、目の際にクレンジングオイルがついたのか、目がかなりしみました。目元にクレンジングオイルを使うときは、目をしっかりと閉じてできる限り目の中に入らないようにする必要があります。結構痛いです・・・。

DHCのVCクレンジングオイルは、オイルの重たい感じもなく、肌をこすって刺激にもなりません。とても軽い使い心地で、なじませている指もスムーズに動きました。

DHCのVCクレンジングオイルの詳細をみてみる<<<

手と顔は濡らさないで使用しているので、濡れている状態だと、ツルツルとすべてしまって、なじませにくいかもしれません。特に、濡れているとアイメイクは落としにくいと思います。

DHCのVCクレンジングオイルの洗い上がりですが、オイルなので重たいべたつき感はあるだろうなと思ったのですが、ぬるま湯で洗い流しても、肌はサラサラしていました。油分が入っていない感じの洗い上がりでした。
この洗い上がりは気に入りました。オイルクレンジングは、どうしてもべたつきが残るので、洗顔をしていたのですが、洗顔をしなくてもヌルつきが残っていませんでした。


アイメイクを取るために、目元にクレンジングオイルをなじませるときだけ、注意すれば、あとは、使い心地で気になるところはなかったです。
界面活性剤は多いかなという印象はありますが、手が濡れていても使うことができるクレンジングオイルは、界面活性剤が配合されていないと洗浄力が弱まってしまいますから仕方ないのかなと。

DHCのVCクレンジングオイルの特徴と成分

DHCのVCクレンジングの成分●VCクレンジングオイルは、肌になじませると温かさを感じます。

●無着色、パラベンフリー、アルコールフリー、鉱物油不使用

●使い方としては、濡れた手でも使うことができるのですが、濡れすぎているときは、軽く水分を切ったほうがクレンジングとして使いやすいです。
また、濃いめのメイクをしているのであれば、乾いた手と顔でクレンジングオイルをメイクになじませる方が、落ちやすくなります。

VCクレンジングの成分

DHCクレンジングオイルの汚れを取るしくみ肌がざらついたり毛穴が目立ちやすくなるのは、KLK5(カリクレイン5)という酵素の活性が弱まっているからなんです。
ビタミンC誘導体は、KLK5酵素を活性化させてくれる働きがあるため、DHCのクレンジングオイルに配合しているのだそうです。

KLK5は、ターンオーバーにもかかわるため、活性が悪くなると、古い角質が排出されずにそのまま残ったままの状態が起こるのです。その結果、肌のざらつきや毛穴、キメの乱れがきになってしまいます。

KLK5を活性させることで、毛穴が4週間で半分程度まで減少したという研究結果があります


ビタミンCは、美白成分というのは多くの女性が知っていると思いますが、ターンオーバーにも関係するとは知らなかったですね

毛穴を目立たせている角栓は、皮脂と古い角質が混ざったものです。
クレンジングオイルで角栓を溶かして毛穴の汚れを取ってくれます

ピーリングと酵素洗顔パウダーの違い
毛穴の黒ずみや角栓、古い角質を取る方法としてピーリングと酵素洗顔パウダーがあります。でも、どう違うのでしょうか?どのような場合に使い分ければ...

DHCのVCクレンジングオイルの価格

DHCVCクレンジングオイル2018年6月に発売されたDHCのVCクレンジングオイル

150ml 2000円

キャンペーンの時、1800円で販売されています(2018年7月現在)

価格をチェックしておくとお得に購入できると思います

まとめ

DHCVCクレンジングオイルを肌につけるDHCのVCクレンジングオイルは、使い心地はとてもよかったです。洗い上がりは、ヌルヌル感はなく肌はサラサラとしていました。

目に入らないように注意することと、肌が弱い人などはパッチテストをおすすめします。
ホットクレンジングのように顔が温かくなるので、最初、肌に刺激があったのでは?と感じてしまいます。

美白ができるクレンジングオイルではないですが、毛穴や肌のざらつきが気になる人はつかってみてください。

DHCのVCクレンジングオイルの詳細をみてみる<<<

ビタミンC誘導体の種類
ビタミンC誘導体には、水溶性、油溶性(脂溶性)、両方(両親媒性)の3種類です。 それぞれ性質が異なるため、効果や働きも違ってきます。ここで...

関連記事

ワビオ

ヒト幹細胞培養液配合のワビオ化粧品の体験口コミレビュー

ラサーナ海泥トリートメント

人気のラサーナ海藻海泥トリートメントお試しでロングヘアーがサラサラ

フィトリフト本品

フィトリフトはコラーゲン配合のオールインワンジェルを凌ぐ!?

ナールスピュア+

ナールスピュアプラスで肌のハリ復活!毛穴やほうれい線効果が口コミに

肌につける

シミにHAKU美容液メラノフォーカス3Dの口コミレビュー

ヒアロディープパッチをトレイから出す

乾燥小じわ効果のヒアロディープパッチ!口コミや針状ヒアルロン酸で注入体験